So-net無料ブログ作成

槍ヶ岳、雪化粧。 [山歩き]

先日、槍沢ロッジから眺めた、憧れの槍ヶ岳。
     20131017_2.jpg
雪化粧したそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000055-mai-soci
20131017.jpg
(写真:大天井ヒュッテスタッフブログより)

いつかあの頂に立ってみたいなぁ~
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紅葉の上高地へ(3日目) [山歩き]

-3日目-
0600 朝の散歩。快晴の空。朝焼けの山がきれいです。
20131014_5.jpg
0630 朝食。朝からもりもりいただきました。この3日間、すごい食べてるかも。
朝食後、荷造りをして、チェックアウト。

0730 徳澤園を出発。上高地バスターミナルまで2時間の道のり。
20131014_12.jpg
途中、ぐねっと曲がった樹齢250歳くらいのカラマツ。両脇を2本の木が支えている?
「山登りはじめました」の鈴木ともこさん、「黄門カラマツ」と命名。
たしかに、黄門様の両脇の助さん、格さんみたいだもんね。

小梨平キャンプ場横から、雄大な穂高連峰をながめる。
1日目はガスがかかっていた穂高連峰。この日は雲ひとつない青空が美しい。
20131014_7.jpg
美しい穂高連峰をじっとみつめる娘。と思ったら...川原の日本猿を数えていた。
10~15匹。日本猿の群れが川を渡っていました。

0930 上高地ビジターセンターへ到着。
日本猿の目撃情報を報告する!という娘。行きがけに寄った時にチェックしていたよう。
すたすたとカウンターにむかい、担当の方に情報を伝え、メモ用紙をもらって記入。
目撃したポイントに貼ると、「野生動物目撃認定証」をくれました。へぇ~
中には熊の目撃情報もあって、今さらだけど、きゃ~でした。20131014_8.jpg
20131013_22.jpg
上高地ビジターセンターから我が家にやってきた〝やまね〟くんです。
20131014_13.jpg20131014_9.jpg

河童橋、そして穂高連峰。
20131014_10.jpg
その反対側には焼岳が。
20131014_11.jpg
ちょっとお腹がすいたので、バスターミナル2階の「上高地食堂」でご飯を食べました。
娘は1階の河童焼の売店で、生乳&チーズソフトクリームを。

1030 シャトルバスで上高地出発。メダくんの待つ沢渡の駐車場へ。
きれいな景色を眺めながら、上高地におわかれ。また来年!

1100 帰路につきました。
三連休最終日、早めに帰路についたのですが、12時ですでに小仏トンネル付近渋滞に。
途中、渋滞の中央道を回避して、19時に家に着きました。パパ、運転お疲れ様でした。

お天気に恵まれ、素敵な山小屋体験、最高に充実した3日間でした。

帰宅して真っ先に娘がむかったのが、ルビーの水槽。
金魚は1週間くらい餌なしでも大丈夫ということで、3日なら全く問題ないよ~と話したのですが、
この3日間、ルビーのことがずっと気になっていたみたい。
元気に泳ぐ姿をみて、ホッとする娘。でも、お腹まわりがスリムになってたね。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紅葉の上高地へ(2日目) [山歩き]

-2日目-
朝、4時半。外は満天の星空。カシオペア座、北斗七星、こんなにはっきりみえるんだ!
そして、空はだんだん明るくなって...朝6時。明神岳の朝焼け。最高の天気です。
20131013_2.jpg
朝ご飯は夜のうちに用意してもらった、おにぎりをいただきました。
         20131013_10.jpg

0630 気温0度。ダウンを着こんで明神館を出発。徳澤園まで1時間の道のり。
20131013_3.jpg

0740 徳澤園に到着。キャンプ場にはカラフルなテントがい~っぱい。
20131013_12.jpg
徳澤園に荷物を預けて、まずは横尾山荘まで1時間の山歩き。
三連休の日曜日、山を楽しむ方でいっぱい。

0900 横尾山荘に到着。すごい青空!
20131013_15.jpg
今回の上高地の山歩き、本当はこの横尾大橋を渡って涸沢へ向かう予定でした。
明神館~涸沢~徳澤園、8時間のコース。
この日、涸沢のルートは大大大混雑ということで、プラス2時間が必要と。
娘にはちょっと厳しいだろうと、ここでコース変更をしました。涸沢は、また来年に。

0930 槍沢ロッジをめざして出発。憧れの〝槍ヶ岳〟がみえる場所に。
20131013_5.jpg
1100 槍沢ロッジ着。
パパの山ご飯は、ゴロゴロじゃがいもとベーコンのコーンスープ。
食後はコーヒーと無印良品の「焼きりんごバウム」を。
20131013_16.jpg20131013_17.jpg
雲ひとつない空。はるか遠くに槍ヶ岳がきれいに見えました。いつか登りたいね。
20131013_6.jpg
http://www.yarigatake.co.jp/yarisawa/

1300 槍沢ロッジを出発し、帰路につきました。
行きよりも、と~っても軽い足取りの娘。徳澤園のソフトクリームが待ってるからね。
20131013_21.jpg
20131013_9.jpg
川の水は透明でとてもきれいです。岩の下には岩魚が泳いでいました。
きれいに色づく野山の木々。どこをみても自然の美しさに癒されます。
20131013_8.jpg20131013_7.jpg

1530 徳澤園に到着。真っ先にソフトクリーム!ミルキーみたいな甘いソフトクリーム。美味!!
     20131013_11.jpg
2日目のこちらは、山小屋!?とは思えないくらい素敵なところ。
山の中のリゾートホテルみたいなたたずまい。
当然個室もありますが、ここも相部屋を選択しました。
昨晩の明神館とはちょ~っと違う相部屋。カーテンの中は、3人、2人、1人用といろいろ。
合宿みたいで楽しかったね。
20131013_18.jpg20131013_19.jpg
当然お風呂も入れます。シャンプー・ボディーソープもあり。
大きなガラス窓からは、夕焼けに染まる山がきれいにみえました。最高!
暖炉のあるラウンジでは、ソファーに座って読書したり、テレビをみたり。
娘は愛読書の「山登りはじめました」(鈴木ともこさん著)を読んでいました。
昨晩と違って、本も読めるし、テレビもついてるし、ご機嫌さんの娘でした。

夕ご飯には、ステーキも登場。さらにご機嫌度アップ。岩魚も美味しかったね。
     20131013_20.jpg
夜も雲が出ることなく、きれいな星空をみることができました。
徳澤園、とっても素敵な山小屋でした。

今日歩いたルートは、憧れの槍ヶ岳への登山路の中間地点。
ここから槍ヶ岳まで5時間。母は日々筋トレしとかないとね。
20131014_4.gif

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紅葉の上高地へ(1日目) [山歩き]

10月12日(土)~14日(月)の三連休で、紅葉の上高地を歩いてきました。
山ガール3年目の娘(&母)、初めての山小屋泊です。

◆今回歩いたルート◆
1日目:上高地ビジターセンター~1時間~明神館泊(ライン)
2日目:明神館~1時間~徳澤園経由~2時間半~槍沢ロッジ~2時間半~徳澤園泊(ラインとライン)
3日目:徳澤園~1時間~明神館経由~1時間~上高地ビジターセンター(オレンジライン)
20131014_3_2.jpg

-1日目-
三連休、中央道の渋滞を回避するため、朝4時に出発。
渋滞なしで、上高地の入口、沢渡に9時に到着。
5時出発だったら、完全にアウトだった。頑張って早起きして良かったね。

0930 沢渡からタクシーで上高地バスターミナルへ。
1000 バスターミナル着。河童焼きを食べて、上高地散策へ出発。
20131012_5.jpg20131012.jpg
  
1030 河童橋前、五千尺ホテルの河童食堂で、山賊焼き定食と豚汁定食をいただく。
http://www.kamikochi.or.jp/facilities/stay/gosenjaku-hotel/#detail02-2
外はパラパラと雨が落ちる微妙な天気に。ガスがかかって奥穂高は見えず。
20131012_2.jpg
上高地ビジターセンターに雨宿りがてら寄り道。上高地の生き物や自然について紹介しています。
http://www.kamikochi.or.jp/facilities/public/kamikochi-visitor-center/

1200 念のためここで雨具を着用して、1泊目の明神館へ。
明神館までは1時間くらい。途中で雨は上がり、青空が少し見えるように。
1315 明神館に到着。
http://www.kamikochi.or.jp/facilities/stay/myojinkan/
個室もあったけど、山小屋デビューのために〝相部屋〟に挑戦しました。
20131012_3.jpg
混雑時は、我が家3人に他1名(さらには奥の3畳にも3人!?)の相部屋みたいですが、
今回は、家族3人でこの空間に泊まることができました。ほとんど個室。
娘は二段ベットのあるこの空間が新鮮で、大はしゃぎでした。
が、その後、テレビは無い、電波もこないのでアプリのゲームもできない、
夜は9時に消灯され、電気もストップ...という状況に、
普段の生活との違いをひしひしと感じ始め、
寝る頃にはちょっぴり家が恋しくなっていた娘でした。はやっ!

チェックインを済ませた後、明神館のすぐ近く、明神池までお散歩しました。
20131012_4.jpg
青空が広がり、明神岳がとてもきれい!

散歩から帰った後は入浴。
山小屋でお風呂に入れるのはラッキー。だいたいはお風呂無しなんだそう。
おまけにシャンプー・ボディーソープも備付のものが使えました。
環境のため山では石鹸類は×ですからね。

夜6時に夕ご飯。びっくりするぐらい盛り沢山なお食事でした。お腹いっぱいに!
2日目は朝6時出発なので、8時にお布団に入りました。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水芭蕉咲く、尾瀬へ。 [山歩き]

夏がく~れば思い出す~という歌の中に、「水芭蕉の花が咲いてる~[るんるん]」とありますが、

実際は、夏になると水芭蕉は巨大な葉っぱになってしまうのです。
昨年夏、白馬の栂池高原で、た~くさん水芭蕉の葉っぱ(写真)をみました。
20130601.jpg
水芭蕉は、夏ではなく、雪解け後、まさに今、きれいな姿が見れるのです。

6月1日(土)か2日(日)で天気の良いほうに尾瀬へ!と計画。
ところが、例年より10日も早く梅雨入りしてしまい、が~ん[あせあせ(飛び散る汗)]
できるなら青空の下で水芭蕉がみたい!
その願いが届いたのでしょうか、とっても良い天気になりました[晴れ]

朝5時に家を出発。
外環道、関越道とも渋滞無しで、8時30分に群馬県片品村の駐車場へ到着。
車規制がされているので、そこからシャトルバス(観光タクシー)で、鳩待峠へ。

鳩待峠から山の鼻まで歩いて1時間。(3.3km)
途中で水芭蕉が咲いているのをみつけて、「水芭蕉だ!」と喜んでいると、
通りがかった歩荷のお兄さんに、「この先、こんなもんじゃないよ~」と言われました。
わくわくしながら少し歩くと、一面水芭蕉の群生が!すご~い[ぴかぴか(新しい)]
20130602_2.jpg

そしてもっとすごかったのが、尾瀬ヶ原。
あっちもこっちも水芭蕉だ!と~ってもきれいでした。

山の鼻から牛首分岐までを、前方に燧ヶ岳望みながら歩きました。(2.2km)
20130602_4.jpg20130602_3.jpg

牛首分岐で山ランチ。
今回のメニューはミネストローネのスープパスタ。
キャンベルのミネストローネに、炒めたトマトとズッキーニ、ささみ缶を投入したスープで。
と~っても美味しくできました。
20130602_6.jpg20130602_7.jpg

今回は日帰りコースなので、牛首分岐でUターンして山の鼻に戻りました。

山の鼻から鳩待峠への戻りは、1時間弱とかなりいいペースでした。
山小屋で食べた美味しい花豆ソフトのおかげかな?
最後の上りは、かな~りきつかったけど、頑張りました。

《今回の山歩きコース/約10km》
20130602.jpg 20130602_5.jpg
帰り道に、片品村の『花咲の湯』へ。疲れた体を温泉でほぐしました。
関越道の渋滞も考えて、お食事処で早めの夕ご飯。
おそばと一緒に尾瀬びる(行者にんにく)のてんぷらもいただきました。美味しかったね。
ところが心配した渋滞は全くなく、帰路も3時間半。
関越道を使って、行きも帰りも渋滞なしなんて、すごいラッキーでした。

来年の6月は、山小屋に1泊して、さらに奥、尾瀬沼方面まで行ってみよう!
夕暮れの尾瀬、朝もやの中の尾瀬をみてみたいね。
そして、燧ヶ岳(標高2356m)も、いつか登ろう。
20130602_8.jpg

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三ツ峠 開運山へ [山歩き]

昨日は山梨県の三ツ峠へ。

朝からどんよりと曇っていましたが、
天気予報では、河口湖方面は晴れマークだったので、朝6時半に家を出発。
が、八王子あたりで霧雨、相模湖から先はガスで真っ白に[がく~(落胆した顔)]
それでも予報では昼前から晴れマーク。
霧がさ~っと晴れて、富士山が見えるかな~!?
談合坂SAで定番の「スタ丼」を食べてスタミナつけて、河口湖へ向かいました。
20130330_6.jpg

最初の予定では、河口湖畔のカチカチ山ロープウェイを使って天井山にのぼり、
そこから三ツ峠を目指すコースにしていました。片道3時間半。
が、河口湖に着いてもガスは晴れず、稜線からの富士山の眺めは期待できそうになかったので、
急遽、三ツ峠登山口から片道1時間半のコースに変更しました。
20130330_9.jpg

実は、昨年5月にも三ツ峠をめざしました。
その時は、河口浅間神社から登り始め、母の白滝、三ツ峠山頂の片道2時間半のコース。
が、娘の体調、テンションがいまいちで、三分の二までのぼったところから引き返しました。
なので、今回はリベンジアタックだったのです。

登山前に、太宰治で知られる御坂の「天下茶屋」で、いも団子を食べました。
さらにパワーアップ[グッド(上向き矢印)]
20130330_4.jpg20130330_7.jpg
ここからも富士山がど~んて見えるはずなんだけどね…
http://www.tenkachaya.jp/

三ツ峠登山口からず~っと上り。結構急な山道を登りました。
「景色がみえないよ…」とブツブツ言いながらも、まずまずのペースで進みました。
20130330.jpg20130330_2.jpg
本当なら、開運山の山頂からはこんな景色がのぞめるみたい。今回は残念。
20130330_3.jpg
カチカチ山ロープウェイHPより。
http://www.kachikachiyama-ropeway.com/contents/mitsutoge/

富士山は見えなかったけど、山頂で山ご飯を楽しみました。
今回のメニューは、ステーキとオニオンスープです。ちょっと寒かったけど、美味しかったね[るんるん]
20130330_5.jpg

結局、ガスが晴れることはなく、富士山は顔を出してくれませんでした。
カチカチ山ロープウェイは次回に。きっとそこからの景色も真っ白だもんね。

下山後は、お楽しみの温泉。山中湖畔の紅富士の湯へ。
冷えた体がポカポカにあたたまりました。

景色は真っ白だったけど、山歩きは楽しい。ご飯も美味しいしね[わーい(嬉しい顔)]
2013年シーズン、1個目の山バッチです。
20130330_8.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紅葉の金時山(箱根) [山歩き]

予定していた土曜日が雨となり、来週の土曜日も週間予報では雨マーク。
日帰り山歩きは、翌日に体を休めるよう、基本は土曜日にしているのですが...
紅葉は待ってくれない!ということで、日曜日の朝から出かけてきました。

朝6時に出発。道中、雪化粧の富士山がきれいに見えました。

金時山は、今年の春にも登りました。
御殿場側から乙女峠を経由して金時山、金時神社へとおりる5時間縦走コース。 
今回は、日曜日の山歩きなので、片道1時間半弱と控え目に。
娘がテレビの山番組でみて登ってみたいと希望していた、足柄峠側からの階段ルートです。

金時山に一番近い駐車場に車をとめて、9時に登山スタート。
20121119_5.jpg20121119.jpg
黄色に色づいた木々のトンネルを抜けると、その向こうに金時山が。
富士山はあいにく雲に隠れてしまいましたが、とても気持ちのよい景色が広がっています。
20121119_3.jpg20121119_2.jpg

いよいよ階段の登場。ここから急なのぼりになります。
20121119_6.jpg20121119_7.jpg
階段は12本。一つ一つに十二支の名前がついていました。
途中、かなり踏み面が狭く、斜めに傾いた階段もあり、ちょっとドキドキでした[がく~(落胆した顔)]

山頂には10時半くらいに到着。すでにたくさんの登山者が[あせあせ(飛び散る汗)]
12時にはまだ早かったけど、ここでランチにすることに。
この日のメニューは、厚切りベーコンとニョッキのホワイトソースとパン。
場所を確保し調理開始[るんるん]
20121119_8.jpg20121119_9.jpg
と~っても美味しくできました。
パンもバーナーであぶって、まるで焼きたてパン!(写真撮り忘れ...)

12時には山頂はさらに人、人、人に。
20121119_10.jpg
遠く芦ノ湖を眺め、雲の上に富士山の頭も見えてきました。きれい~
お腹いっぱいになったところで、我が家は下山開始。
予定通り、1時間半で駐車場に到着。
立ち寄り温泉で体を温めて帰路につきました。

年内の山歩き、娘と母はこの金時山がラストかな。
2012年。
筑波山、金時山、大山、入笠山、白馬栂池・八方池、谷川岳、北八ヶ岳(白駒池)、金時山。
あちこち行きました。2013年も山歩き、楽しみたいです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北八ヶ岳 [山歩き]

三連休の土日で、我が家は北八ヶ岳へ。
1日目の土曜日は、いつも通過してしまう軽井沢によってみました。
まずは軽井沢・プリンスショッピングプラザでお買い物。
緑の芝生がとてもきれいで、娘はパパと走り回っていました。
  20121008_4.jpg
お昼に豚丼、おやつにミカド珈琲のモカソフトをいただきました[るんるん]
  20121008_5.jpg20121008_3.jpg  

お買い物の後は旧軽井沢散策をと思っていたのですが...
広いショッピングプラザで、かなり時間を使ってしまい、旧軽はまたにしてお宿へ移動しました。

2日目。天気予報では、晴れでした。
この時期なので、防寒対策もしてきていましたが、それを上回る天候となりました[あせあせ(飛び散る汗)]
冬型の気圧配置により、北八ヶ岳ロープウェイの山頂の気温は4度。真冬です...
さらに悪条件が重なり、前日の夜中に降った雨のせいで、
登山道はところどころ池のように水がたまっていました[ふらふら]
寒いし道は悪いし、娘のテンションはかなり[バッド(下向き矢印)]
気持ちを盛り上げながら、紅葉の白駒池を目指しました。
map kitayatsugatake.gif
今回の予定ルートは、山頂から麦草峠経由白駒池へ。余力があれば、雨池経由で山頂へ戻る予定でした。
が、道がかなり悪く時間がかかり、往復するとロープウェイの最終にギリギリになりそうだったので、
麦草峠からバスで北八ヶ岳ロープウェイへ戻ることにしました。
でも、山頂から麦草峠まで、2時間ちょっとで歩いたから、まずまずのコースタイムを刻んでたんだね。

コース変更をしたことで時間的に余裕が出来て、麦草峠でのんびりランチを楽しみました[るんるん]
さ~っとガスがとれて、青空が広がり、とても気持ちがよかったです。
  20121009.jpg20121009_2.jpg
今回の山ごはんは、蟹のほぐし身&枝豆入りラーメンです。
スープには片栗粉を入れたので、ちょっぴりとろみがあって美味しかった~

ランチの後は、麦草峠から30分ほどの白駒池へ。
山の中の木々もところどころ紅葉していましたが、白駒池のほとりの木々は真っ赤に!
水面にその赤が写りこみ、とてもきれいでした。
  20121009_5.jpg20121009_4.jpg  
白駒荘の前のテーブルでチョコフォンデュを。
ガーナチョコを牛乳で溶かす簡単なものでしたが、これまたとっても美味しかったです。
  20121009_3.jpg

北八ヶ岳は「苔」の森です。
原生林の林床は、美しい苔に覆われています。本当に見事です。
  
20121009_7.jpg20121009_6.jpg
その美しく静かな森の中を歩いていると、心が静まり癒されます。
が、娘は、たくさん生えている、きのこ達が苦手だったよう...
大人より目線が低い分、きのこがよく見えるようで。
きのこをみつけては、ぎゃ~って驚いていました[がく~(落胆した顔)]

tengMap2_3.gif
今回の山歩き。ロープウェイ山頂から白駒池まで。帰路は白駒池から麦草ヒュッテに戻り、バスとなりました。
昨年秋の北横岳(緑のライン)は、山頂めざしてぐいぐいのぼるハードなルートでした。
今回は、縞枯山、茶臼山の裾をぐるりとまわり、比較的穏やかなルート(ピンクのライン)で、
紅葉の森の中を散策する感じでした。
天候は、いつも快晴の晴れ女チームにしては、めずらしくいまいちだったかな。

それでも、きれいな紅葉がみれて、美味しい山ごはん&おやつも食べれて、とっても楽しかったです[わーい(嬉しい顔)]
次は11月。箱根金時山の紅葉!の予定。


山歩きの行動食に、先日井村屋さんから届いた「えいようかん」(長期保存羊羹)を持っていきました。
5年保存が可能な羊羹ですが、味は普通の羊羹。美味しい。
ビスケットと違って、口の中がパサパサにならず、よかったです。
http://monipla.jp/bl_rd/iid-1637100240502dffd508199/m-4d6391f7dc2f9/k-1/s-1/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

谷川岳(群馬) [山歩き]

夏山のラストは、群馬県の谷川岳へ。
20120825.gif

朝、9時過ぎに谷川岳ロープウェイのベースプラザに到着。
土合口駅(標高746m)から天神平駅(標高1319m)までロープウェイ7分。
この日は気温31度。ロープウェイの中はサウナのようでした...
天神平駅に着いても、とても山の上とは思えない暑さ。でも最高のお天気!!
水分補給をしっかりしよう!と山頂めざし10時に登山スタート!
      20120825_2.jpg
  
スタートしてから、熊穴沢避難小屋までは、木道のある山道でした。
途中険しい場所もありましたが、無事クリアー。
森の中はとても涼しく、娘もかなりいいペースで歩きました。

山の稜線に出ると、そこからかなりキツイ岩山を、ひたすら山頂まで登るルート。
    20120825_4.jpg20120825_5.jpg   
天狗のとまり岩、天狗のザンゲ岩とポイントを通過。
振り返るとはるか向こうにスタートした天神平駅が小さく見えました。
      20120825_6.jpg
ここまでくると、吹く風が気持ちよかったです。そして見上げたその先に山頂が[るんるん]
         20120825_7.jpg

今回の登山。娘はとても頑張ったと思います。ほぼ上りはコースタイムどおり。
昨年から、西穂高、北横岳、金時山、入笠山などいろいろのぼってきました。
そんな中でも、今回の谷川岳、ママもきつかった~[あせあせ(飛び散る汗)]
ず~っと上り坂で、さらにはところどころ急な岩を這い上がっていくようなところも。
気温も高かったので、体力も消耗しましたね。
その分、のぼりきった後の景色、気分は最高でした!

山頂手前の肩ノ小屋で、まずランチ。
今回のパパメニューは蟹缶、ホタテ缶を入れた焼きビーフン。
体力を消耗していたので、あたたかい食事をとり、元気復活しました。
娘も、お約束のサイダーを飲んで、ご機嫌でした。

お腹いっぱいになったところで、山頂へ。
谷川岳はトマノ耳(標高1963m)とオキノ耳(標高1977m)の双耳峰です。
まずは10分ほどのぼってトマノ耳へ。360度、最高の展望!!
20120825_9.jpg20120825_10.jpg20120825_12.jpg
後姿、ちょっとお疲れ気味!?
あと15分も歩けば、オキノ耳(写真右)に行けたのですが、雲がもくもくと出始め、ガスも。
この日は午後から山沿いに雷の予報も。
安全と娘の体力のことも考えて、無理せずに下山することにしました。

全てを出しきったと思った娘ですが、下山はいつも元気いっぱい。
急な斜面もおしりや手を使って上手におります。
それもそのはず、下山したらソフトクリームが待ってるからね。定番です。

谷川岳山頂登山コース、約5時間。
ほぼコースタイム通り歩き、16時過ぎに天神平駅へ到着。ソフトクリームの売店も開いてました[わーい(嬉しい顔)]
http://www.tanigawadake-rw.com/

谷川岳の麓の立ち寄り温泉で汗を流し帰りました。
と~っても気持ちのよい1日でした。やっぱり山はいいね。
次は10月、北八ヶ岳の予定です。

  20120825_11.jpg
山バッチと娘のコレクションのご当地キューピー[黒ハート]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の白馬へ [山歩き]

今年の夏は、白馬へ。
山歩き、そして、様々な高山植物をみることができるので、
娘の自由研究のテーマ「はっぱ」の調査もかねて[目]

1日目。朝6時に出発。
順調に中央道を走行し、10時半に『安曇野アートヒルズミュージアム』に到着。
http://www.arthills-museum.jp/

こちらでは、ガラス細工の様々な体験ができます。
20120802_2.jpg
娘は、ガラス板やガラスチップを使ってデザインをする「フュージング」を。
デザインをしたガラス板に、電球のパーツを付けてフットライトに加工してくれます。
   20120802_4.jpg20120802_3.jpg
ママは、ガラスを溶かして作るとんぼ玉に挑戦!
ベースの色になるガラス棒、模様を作る細いガラス棒、
自分の好きな色を選び、バーナーで溶かしながら、丸くしていきます。
ガラスが真っ赤になり、溶けてま~るい飴玉みたいになるんです。
とんぼ玉ってこんな風に作るんだ!と驚きでした。
出来上がったとんぼ玉は、チェーカーにしてもらうことに。
どちらも、1週間後、自宅に届くことになっています。楽しみです。

制作に夢中になり、お腹ペコペコ。
信州に来たらやっぱりそば!ということで、ミュージアムの近くの『そば処時遊庵あさかわ』へ。
が、13時でその日のそばは売り切れ終了...
結局、穂高駅前の『田舎家』でいただきました。
たまたま通りかかって入った蕎麦屋さんでしたが、と~っても美味しかったです。
    20120802_5.jpg

おそばの後は、国宝松本城へ。
松本に着くと雲行き怪しく、雷鳴が...[あせあせ(飛び散る汗)]急ぎ観覧受付をして、お城の中に。
   20120802_6.jpg
高さ29.4mの天守(6階)まで、すごい急な階段!
お城の中って、こんな風になってるんだ~と感動。
出る時には雨もやみ、ホッ。早めにホテルに戻り、明日の山歩きに備えました。

--------------------
2日目。朝7時過ぎにホテルを出発し、白馬栂池高原へ。
    20120802_7.jpg
ゴンドラ、ロープウェイを乗りついで、栂池自然園へ。
自然園をぐるりと1周3時間半のコース。
ゆっくり高山植物を観察できる木道、ちょっと急なのぼり坂、
汗ばむ体をす~っと冷やしてくれた風穴、楠川の河原でランチ、
「銀命水」という水場で、雪解け水を飲んで元気復活!
様々な山の風景を楽しみながら、自然園の一番端にある展望台まで。
ここから、白馬三山、白馬大雪渓をみることができます。
ちょうど到着した頃、雲が流れ、大雪渓、そして白馬三山がちらっと姿を見せてくれました。
   20120802_12.jpg20120802_8.jpg
雄大で、美しい山の景色に感動です。
  20120802.jpg
ここから出発地点の栂池ヒュッテ(写真遠く、中央に見える赤い屋根)を目指し復路に。
   20120802_11.jpg
ほぼ同じ道を戻ったことになりますが、行きとは違う景色をまた楽しめました。
山は、季節、時間、その時々で表情が違うなぁ~って思います。

たくさんの高山植物もみることができました。
ミズバショウ、白山イチゲ、チングルマ、ゴゼンタチバナ、イワハゼ、そして、珍しいギンリョウソウも。
   20120802_21.jpg
た~ぷり山歩きを楽しみ、栂池ヒュッテで“雪どけサイダー”を飲んで宿泊のホテルへ移動。
   20120802_13.jpg
白馬ハイランドホテルでは、夜8時から星空観測会に参加。
満月に近く、月明かりで天の川はよく見えない夜とのことでしたが、
夏の大三角形、白鳥座、北極星など、
事前にレクチャーしてもらった星を、肉眼でみることもできました。
そして...
翌朝、白馬三山の朝焼けをみるために、午前4時半に目覚ましをセットして休みました。

--------------------
3日目。
朝、部屋の窓から外をみると、雲ひとつない青空。そして白馬三山がとても美しく...
予定の午前4時47分になると、山肌が真っ赤に染まって、さらにきれいな光景をみることができました。
   20120802_14.jpg

この日、予定では長野方面を観光して、そのまま帰路につく予定でしたが、
素晴らしい天気、これは山歩きでしょ!と、予定変更。白馬八方池まで歩くことにしました。

黒菱ライン(ペアリフト+クワッドリフト)で八方池山荘のあるスタート地点へ。
ここから約1時間半のぼって、標高2060mの八方池を目指します。

視界をさえぎるものは何もなく、目に入ってくるのは、素晴らしい山並み。
遠くには八ヶ岳、南アルプス、富士山も見えました。
   20120802_20.jpg
   20120802_15.jpg
360度の美しい景色を眺めながら、ぐんぐんのぼっていきます。
昨日の栂池では見られなかった、高山植物もたくさん見ることができました。
   20120802_16.jpg
   20120802_17.jpg
第2ケルン通過。標高2005m。さらにのぼります。
次の八方ケルンを通過すると、いよいよ八方池が。
   20120802_19.jpg
八方池にうつる、白馬三山。言葉にならない光景でした。ここまできて良かった[ぴかぴか(新しい)]

娘は途中、雪渓を歩くことができて、雪に触れて大喜び[るんるん]
   20120802_18.jpg

くだりはなかなかのペース。1時間半かからずに八方池山荘に戻りました。
20120802_22.gif


お昼ご飯は、八方美人ラーメンにしよう!その前に八方の湯で汗を流そう!と、山を後にしました。
お風呂につかり、ラーメンを食べて、帰路につきました。

白馬まで、家からはかなりの移動距離。遠いです。
2泊3日と限られた時間でしたが、天候に恵まれたおかげで、
たっぷり白馬の魅力を堪能することができました。本当に、素敵な3日間でした[わーい(嬉しい顔)]
  20120802_9.jpg20120802_10.jpg   


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感